《WEBマーケティング》SEO対策の基本知識まとめ 長期的目線で! 検索エンジン流入の目安は3ヶ月から半年間は見ておこう!【2018年10月更新】

はじめに

最近会社員として働きながらも、ブログを書いているという人が多くなってきていますね、

しかしその中には、趣味で自分自身が好きなことを発信し続ける人しっかりと収益化を目指して記事を書いている人に分かれます。

プロのブロガーかアマチュアなのかは、しっかりと収益を出せているかどうかに違いが有るといえます。

もしあなたがブログでの収益を狙うのであれば自分の好きなことだけを発信するだけでは、いつまでも収益化することはできないかもしれません。

ブログを書いていると意外と忘れがちなのが、画面の向こうには必ず読者がいるということです。

SEO対策にはしっかりと戦略が必要

コンテンツマーケティングにおいて、最も成果につながりやすいものの1つが検索サイトでの上位表示ですよね。

上位を獲得することで、サイトのアクセス数も飛躍的に向上することが見込めます。

1つのブログに対して、200〜300記事も投入すれば、それなりのまとまった記事が期待出来、馬鹿に出来ないアクセス数になります。

 

SEOで成果を出すためには、 作業を繰り返し行い、時間をかけることです。

決して短期間で達成するものではなく、 長期的に続けた先に成果が表れるものです。

ただ人間である以上、 モチベーションの波はどこかで生まれてしまうかもしれません。

短期間のアクセス流入は5つ+α

まず、サイトに集客させるには5つの媒体を組み合わせる必要が有ります。

具体的には

・Twitter

・Facebook

・インスタグラム

・Youtube

・yahoo知恵袋

です。

 

1つ1つのパンチは弱いものの、少数ながらも確実にアクセスを集めることができます。

特に被リンクを増やすには手っ取り早いと言えるでしょう。

これに加えてあるとよりよいのがサテライトサイトです。

 

複数サイトを運営する上で、自分のフラッグシップとなるサイトからどんどん誘導することにより、サイトの価値を短期間で高めることが出来るのです。

SEO対策で欠かせないツール

では、ランキング上位を獲得するために利用するべきツールは何でしょうか?

SEOを行う上で必ず利用したいツールを紹介します。

Googleアナリティクス

サイトのアクセス状況を確認するには、必須のツールです。

上級者や職業データサイエンティストと呼ばれる人は、はAdobeのものを使うケースもあります。

 

Googleアナリティクスで取得できる主なデータとしては、

・PV(ページビュー)

・直帰率

・コンバージョン数

・オーガニック検索からアクセスしたデータ

これらの重要なデータを無料で確認することが可能です。

またページごとの数値から、どのコンテンツがよく見られているかを明確にし、数値が悪い場合には具体的にどこを改善する必要が有るのかをみつけることが出来ます。

具体的な数値に関しては、サイトを運営して6ヶ月くらい経ってからが良いでしょう。

サーチコンソール

Googleサーチコンソールは、 サイト内部の詳細な状態を確認できるツールです。

少し前まではWebマスターツールとも呼ばれていました。

主な項目は以下の通りです。

・検索クエリ

・インデックス数

・内部・外部リンク数

・クロールエラー

サイトがサーバーエラーで表示されなくなった等の致命的なエラーが発生した際にアラートが飛ばされるので、早期に対処することができます。

また、Googleアナリティクスでは取得できない、サイトに関連する検索クエリが分かるので、キーワードごとに表示されるページに対してコンテンツの修正ができます。

SEO初心者の場合は「HTMLの改善」という項目は必ず確認してください。

こちらに表示されている改善内容は、 SEOを向上させる上で重要な内容ですので、必ず修正しましょう。

順位チェックツール

Googleサーチコンソールでも検索クエリごとの順位を確認することができますが、平均掲載順位なので、おおよその順位となります。

そこで、より正確な順位に近いデータを取得できる順位チェックツールを利用しましょう。

具体的には、

SEOチェキ

GRC

BULL

といったものが有名ですが、検索エンジンのキーワード順位を意識するのは早くても3ヶ月経ってからです。

それまでは、キーワードの順位よりも、記事を投入することに力を入れましょう。

順位は変動するもの

サイトを立ち上げる段階で、SEOを意識した構成にすることも大切ですが、修正を加えることも想定しておきましょう。

どんなに優れたコンテンツだとしても、何も手を加えず放置をしていると、徐々に順位が降下していきます。

ページの内容をトレンドや競合サイトの状況に合わせて変化させることも必要です。

関連リンク

《WEBマーケティング》アフィリエイト・アドセンスを始める前に、WEBマーケティングの基礎知識を確認しよう【2018年11月更新】