《プロが教える!》海外でも飛行機を撮影したい!おすすめの国・空港はどこ?プロが選んだ空港特集 アジア編【2018年9月更新】




こんにちは。暑い日が続きますが、いかがお過ごしですか?

日本では、羽田や成田、中部、関空、福岡といった大きな空港はもちろん、地方の空港でも展望デッキが当たり前に設置されていますよね。

海外では、ヨーロッパ周辺では飛行機を撮影する文化が定着しつつ有るものの,その他の国では、日本ほど当たり前ではないのが現状です。

ですから、せっかく空港へ行っても展望デッキが無かったり、逆に滑走路端で着陸機を待っていると職務質問を受けてしまったり、飛行機を撮影するという日本では当たり前のことが、海外で必ずしも通用するとは限りません。

日本近隣だと、韓国・台湾・香港・シンガポール・インドネシアは地元スポッターが居る程ですので、気軽に行ってしまって問題有りません。

ヨーロッパだと、イギリス・ドイツ・オランダ・スイス・オーストリ周辺の国では、飛行機を撮影する趣味が広く定着しており、撮影できるスポットが開発されている国も有ります。

では、実際に撮影してきた空港の中で、おすすめのスポットを紹介したいと思います!




台湾・台北(桃園空港・松山空港)

日本から最も近い距離に有るのが、韓国(ソウル)と台湾ですね。

ソウルも撮影場所が有りますが、台北はよりドラマチックな写真が期待できます。

また、台北は日本の成田空港に当たる桃園空港、国内線が中心の松山空港が有り、松山空港は近い将来、民間機が飛来しなくなる可能性が高いですので、今のうちに行ってみましょう!

《海外航空機撮影地》台湾松山国際空港 撮影ポイント【2018年9月更新】

香港国際空港・マカオ国際空港

スポッター初心者におすすめしたいのが香港国際空港!

ついたらとにかく第2ターミナルの航空博物館へ行って下さい!

夏場は暑く撮影が大変ですが、世界各国から日本では撮影できない機体が多数飛来する素晴らしい環境です。

撮影ポイントも複数紹介しており、作例も豊富ですので、こちらで事前に勉強しておくだけでも当日楽です!

《プロが教える!》香港国際空港撮影ガイド 定番スポットや穴場スポット!周辺観光事情も教えちゃいます!【2018年9月更新】

《航空機撮影地》香港国際空港撮影地ガイド 観景山俯瞰撮影【2018年8月更新】

《海外航空機撮影地》香港国際空港 作例【2018年9月更新】

《海外航空機撮影ガイド》香港国際空港 第2ターミナル 航空博物館 (香港航空探知館)【2018年9月更新】

《海外航空機撮影ガイド》マカオ国際空港 ターミナルビル近く【2018年9月更新】

 




マレーシア クアラルンプール国際空港

《海外航空機撮影地ガイド》マレーシア・クアラルンプール国際空港【2018年9月更新】

インドネシア デンパサール・ングラ・ライ国際空港

《航空機撮影地》インドネシア デンパサール ングラ・ライ国際空港 【2018年9月更新】

タイ バンコク・ドンムアン国際空港

《海外航空機撮影地》バンコク・ドンムアン国際空港 国際線搭乗口付近【2018年9月更新】




関連記事