《プロが教える!》海外飛行機撮影ポイントまとめ 飛行機の撮り方・カメラ(撮影機材)の選び方も詳しく解説【2018年8月更新】

飛行機写真撮り方ガイド 飛行機写真の初心者にオススメする機材の選び方【2018年7月更新】

プロが教える!国内航空機撮影地ポイントまとめ 羽田空港・八丈島空港・高松空港他【2018年7月更新】

プロが教える一眼レフの飛行機写真撮り方ガイド!意識するべき3つのポイント【2018年6月更新】

目次

【海外飛行機撮影地ガイド】香港 香港国際空港

【2018年6月更新】香港国際空港撮影ガイド《定番スポットや穴場スポット!周辺観光事情も教えちゃいます!》

プロが何度も通って撮影! 香港国際空港 作例写真 撮影スポットも詳しくご紹介 ♪【2018年7月更新】

【海外飛行機撮影地ガイド】台湾 台北松山空港

海外飛行機撮影地ガイド 台湾 台北松山空港【2018年7月更新】

【海外飛行機撮影地】タイ バンコク ドンムアン国際空港

《海外航空機撮影地》タイ バンコク・ドンムアン国際空港 撮影ポイント【2018年7月更新】

【海外飛行機撮影地】マレーシア クアラルンプール国際空港

《海外航空機撮影地》マレーシア クアラルンプール国際空港 撮影ポイント【2018年7月更新】

【海外飛行機撮影地】アラブ首長国連邦 ドバイ国際空港

中東のレア飛行機が沢山撮れるドバイ国際空港!安全に撮影出来るポイントやっぱりホテルがおすすめ!【2018年7月更新】

【海外飛行機撮影地ガイド】ドイツ フランクフルト・アム・マイン空港

海外飛行機撮影地ガイド ドイツ フランクフルト・アム・マイン空港【2018年7月更新】

【海外飛行機撮影地ガイド】ドイツ ミュンヘン国際空港

海外飛行機撮影地 ドイツ・ミュンヘン国際空港 撮影地【2018年7月更新】

【海外飛行機撮影地ガイド】ドイツ デュッセルドルフ国際空港

海外飛行機撮影地 デュッセルドルフ国際空港 撮影地【2018年6月更新】

【海外撮影地ガイド】スイス チューリッヒ国際空港

海外撮影地ガイド スイス チューリッヒ国際空港【2018年7月更新】

【海外飛行機撮影地ガイド】オーストリア ウィーン国際空港

オーストリア ウィーン国際空港 展望デッキ【2018年7月更新 航空機撮影地】

【海外飛行機撮影地ガイド】フィンランド ヘルシンキ・ヴァンター国際空港

フィンランド ヘルシンキ・ヴァンター国際空港 撮影地 フィンエアービル・テラス【2018年6月更新】

【海外飛行機撮影地ガイド】アラブ首長国連邦 アブダビ国際空港は撮影可能!?

海外飛行機撮影地 アラブ首長国連邦 アブダビ国際空港 飛行機の撮影は出来る!?ドバイと何が違うの?【2018年6月更新】

【海外飛行機撮影地】ハワイ ホノルル ダニエル・K・イノウエ国際空港

ハワイ・ホノルル ダニエル・K・イノウエ国際空港 撮影地情報 作例付きでわかりやすく解説!【2018年7月更新】

【海外飛行機撮影地】マカオ国際空港

海外飛行機撮影地 珍しい誘導路を有するマカオ国際空港 撮影のポイントまとめ【2018年6月更新】

 

【海外飛行機撮影地ガイド】フランス パリ・オルリー空港

パリ・オルリー空港は、シャルル・ド・ゴール空港と並ぶパリの玄関口のひとつで、ヨーロッパ各地や、中近東、アフリカ、カリブ海方面へのフライトが就航しています。

シャルル・ド・ゴール空港は主に世界各国のナショナル・フラッグ・キャリアが就航しますが、オルリー空港はどちらかというとLCCや地域航空会社の割合が多く、

少しマイナーな航空会社や機体やエアラインを見ることができます。

ガラス越しながらも展望できる場所が有り、付近をタキシングする機体を撮影することができます。

【海外飛行機撮影地ガイド】ドイツ ベルリン・テーゲル国際空港

入場料がかかりますが、間近で離着陸する機体や誘導路をタキシングする機体の撮影ができる。

ターミナルはコンパクトで、飛行機にのる直前に手荷物検査が有る。

ラウンジはルフトハンザのラウンジが有り、ケーキなどのデザートを楽しむことができる。

【海外飛行機撮影地ガイド】マルタ共和国 マルタ国際空港 展望デッキ

マルタ空港は、オーストリアのウィーンからスイスのチューリッヒまでの移動の際に乗り継ぎで利用しました。

便数も1時間あたり数便とそれほど多くなく、基本的には搭乗までバスでの移動が基本となる、とてもコンパクトな空港です。

小さいながらも無料の展望デッキがあり、ガラス越しで目の前の滑走路を離着陸する飛行機を撮影することができます。

【海外飛行機撮影地ガイド】ブリュッセル国際空港

ブリュッセル航空のターミナルはコンパクトで、すぐに乗り継ぎができる。

EU圏内行(国内線)の保管検査が済むと、スポットを一望できる場所が有るのでそこが撮影地。

ブリュッセル航空のスターアライアンスラウンジからも綺麗に撮影できる。

【海外飛行機撮影地ガイド】ポーランド ワルシャワ国際空港

ターミナルのビルにガラス越しながらも展望デッキがある。

無料で入れるが、滑走路を離発着する飛行機まではやや遠い。

【海外飛行機撮影地ガイド】インドネシア デンパサール ングラ・ライ空港

クタ・ビーチ(Pantai Jerman)ポイント。空港からタクシーで約10分 。約1,000円支払ってボートをチャーターし滑走路ギリギリまで寄って撮影。

レンズは200mm〜300mmあれば十分です。機材を濡らさないように注意しましょう。

関連リンク

海外で飛行機を撮影!自動車の国際免許の取得は意外と簡単!?取得方法を写真付きで解説【2018年7月更新】

海外でも飛行機を撮影したい!おすすめの国・空港はどこ?プロが選んだ5選【2018年7月更新】