《新鉄道スポット誕生!》鉄道博物館の新館オープン E5系シミュレーターで時速320kmを高速走行を体験!混雑度は?写真付きで分かりやすく解説!【2018年7月6日更新】

鉄道博物館でE5系シミュレーターはもう体験しましたか?鉄道のシミュレーターの数は、葛西の「地下鉄博物館」も負けません!写真付きで解説 ♪【2018年7月更新】

鉄道博物館の新館オープン! E5系シミュレーターで時速320kmを高速走行を体験しよう!

2018年7月5日 鉄道博物館(埼玉県さいたま市)で、新館がオープンしました!

鉄道博物館のオープンから新しい展示が追加されたり進化しておりますが、今回の新館は今までの鉄道博物館の歴史の中でも特に大きく変化したのではないでしょうか。

鉄道に関する仕事を体験したり、歴史を学んだりできる三つの展示で構成され、子どもから大人まで楽しめる施設になっています。

 

特に目玉となっているのが、北海道・東北新幹線「はやぶさ」に使われるE5系の運転シミュレーター

新幹線のシミュレーターはこれまで東北新幹線200系や、名古屋の「リニア・鉄道館(JR東海)」がありましたが、前者は最高速度が240km/hで、後者は映像はかなり簡易的でした。(運転台は本格的)

今回のE5系シミュレータのすごい所は、実際の走行時の映像を見ながら、最高時速320km/hを体験できることです。

また、扉の開閉や安全確認など、車掌業務の体験することが出来たり、展示面において大幅にグレードアップしています!

 

オープンから2日目ですが、平日であればそれほど混雑していないので、シミュレーターをどうしても体験したい人は開館の1時間前にはスタンバイしていると良いでしょう。

シミュレーターは、今までの位置と場所が変わっておりますので注意して下さい。廃止になった車両も有ります。

詳しい情報はこちら 鉄道博物館の公式サイトへ

E5系シミュレーターの写真はこちら

まるで本物のようですね!

アクセス

JR大宮駅からニューシャトルで1駅。「鉄道博物館」駅すぐ。

大宮駅

休館日は気をつけて下さい

往復乗車券も有ります!

概ね10分に1本の運転です。

ホームからは小田急線の車両が見えました。

この車両は交通博物館時代から有ります。

入館料が変更になりました。そして休館日は毎週火曜日です!

シミュレータ室の位置が変更になりました!

鉄道ジオラマ

ジオラマの

展示

新館への連絡通路

エスカレーターで上の階へ上がって奥へ進むと、新館への連絡通路があります。1階からでも行けます。

E1系が展示されています。

新館にすぐには山形新幹線E4系とE5系「はやぶさ」この車両は、ほぼ本物と同じ設備で、車内はグランクラス仕様です。

シミュレーターコーナー

E5系シミュレーター

区間はいくつかあり、初級は「新白河→郡山」のレクチャー含み約15分間です。

     

京浜東北線 E233系 東海道線  211系シミュレーター

仕事ステーション(JOB STATION 1F) 展示写真集

3F 歴史ステーション HISTORY STATION 写真集

レストランフロア

関連リンク

鉄道博物館でE5系シミュレーターはもう体験しましたか?鉄道のシミュレーターの数は、葛西の「地下鉄博物館」も負けません!写真付きで解説 ♪【2018年7月更新】